「AGAの治療費ってどれくらいかかるの?」そんなあなたの不安を解消します!

最近ではかなり一般的に浸透してきた薄毛の病気、「AGA」。

「治療したいけど、方法が分からない」「治療費がどれくらいかかるのか知りたい」という人のために、専門医での治療と一般病院の治療、個人輸入での治療について、違いや治療費などをご紹介します。

まずAGA治療専門医での治療は、カウンセリングから始まります。

そのあと頭髪の写真を撮影し、それをもとに診察、医者による触診などがあり、治療を始めるという方針になったら、血液検査などを行って薬が処方されます。

治療費については病院によって異なりますが、一般病院での治療にしても、AGA治療には保険が適用されないため、全て自己負担となります。

専門医での治療費は、平均で初期費用が20,000円から30,000円、一ヶ月にかかる費用は10,000円から30,000円、と幅があります。

検査やカウンセリングなどがあるため高くなりますが、その分治療効果は高いでしょう。

次に一般病院での治療の場合、専門的なカウンセリングや検査はほぼないといっていいでしょう。

プロペシアなどの外用薬の処方だけなので、治療費は安く済みます。

一般病院でのAGA治療費は、平均で初期費用が9,000円から15,000円、一ヶ月にかかる費用は7,000円から10,000円と、専門病院での治療費より約半額に抑えることが出来ますが、詳細な検査や経過観察などがないため、本格的に治療をしたい人には向いていません。

AGAの治療費として一番安いのは、AGA治療薬を個人輸入する方法です。

病院で処方される治療薬を格安で手に入れることが出来ます。

初期費用として治療薬代が1,000円から9,000円くらいなので、AGAの治療費としては最も安い方法です。

ただし、AGA治療薬には副作用も多く、素人がいきなり使用するのはおススメ出来ません。

【AGA外来はコチラ】
http://menshealth-tokyo.com/aga/keyword/choice/